蜂の駆除

害獣の駆除

蜂を捕まえる

ダニ駆除やノミ駆除で困っているなら即相談してみましょう。24時間全国対応できる機動力で必ず満足できる駆除が期待できますよ。

アライグマの生態について

住宅地に出没して人間に被害を及ぼす動物は、害獣と呼ばれ追い出しや駆除の対策がとられます。その害獣の中には、ペットとして輸入されたアライグマがいます。アライグマは捨てられたり逃げ出したりして野生化し繁殖していきました。やがて農作物を荒らしたり民家や物置に住み着いて人間に被害を及ぼすようになっており問題となっています。アライグマは体の大きさが約60〜100cmでタヌキに似た姿をしていますが、尾には縞模様があり足跡には5本の指の跡が残る為、他の動物との違いがわかります。アライグマは農作物だけでなく昆虫やニワトリ等を食べる雑食性です。アライグマは日本各地に生息しており、住み着いた場所で毎年子供を産み育てます。

人間に及ぼす被害と駆除対策

人間に及ぼす具体的な被害と駆除の対策についてみていきましょう。住宅の天井裏に住み着いたアライグマは同じ場所で糞や尿をします。この糞や尿が蓄積していくと強烈な悪臭や糞尿にノミやダニ等が発生します。アライグマにはアライグマ回虫という寄生虫がおり、人間が感染すると重症の脳障害を発症する恐れがあるといわれています。アライグマが建物に侵入していることに気が付いたら、早急に駆除する必要があります。しかしアライグマは鳥獣保護法等により勝手に捕獲したり駆除したりする事が禁止されているため、県や市町村等に有害鳥獣駆除の申請をして許可を得てから対策を取る事になります。害獣駆除用の燻煙剤や忌避剤で追い出してから侵入口を必ず塞ぐようにしましょう。個人では追い出しが難しい場合は害獣の駆除業者に相談する事をお勧めします。放置すると被害は拡大して行く一方となります。早急に対策を取る事が大切です。